将軍の独り言

皆さんの役立つ生活指南を主にした雑記ブログです。

恋人がいる方またはいるかもしれない方へのバレンタイン指南(女性向き)

f:id:shogunlife:20190221215812p:plain

 

 どうも、将軍です。

 間もなく2月に入り、街中ではバレンタインモードに突入しました。

 バレンタインが近づくと、女性の方々はワクワクする反面、意中の男性にチョコレートをプレゼントしたいと思っても相手の迷惑を考えるとなかなか行動に移せないと思ってしまう方もいるでしょう。

 今回は、恋人がいる方またはいるかもしれない方へのバレンタインについて、女性目線でのアドバイスをお話ししていきます。バレンタインで意中の男性にプレゼントをしようかを悩まれていらっしゃる方への参考になれば幸いです。

 

目次

 バレンタインの起源

20190130115525

  バレンタインと聞けば真っ先に思い浮かぶのが、好きな男性にチョコレートをプレゼントすることを多くの方々は連想されるかと思うことでしょう。

 バレンタインの起源とされる出来事は、かなり古く、一説としてローマ帝国時代にさかのぼると言われ、ローマ帝国時代の女王・ユーノーは家庭と結婚の女神と呼ばれ、2月14日がユーノーの誕生日であると言われています。

 また、翌日2月15日は、豊年を祈願するルペルカリア祭とされ、当時は男女の生活が別とされていたが、バレンタインに当たる14日に女性は桶の中に名前を書いた紙を入れ、翌日の祭りの日に、男性が紙を引き、引いた男性と、名前を書かれた女性が祭りの間だけはパートナーとして一緒にいることができ、そのまま恋に落ち結婚したことが由来として挙げられています。

 

日本での考え方

  一方、日本でのバレンタインの起源は戦後と、意外と新しい歴史になります。

 海外でのバレンタインでは、必ずしも女性が男性に贈るとは限らず、男性から女性というケースも存在し、必ずしも愛情表現とは限らないが、日本の場合では女性から男性であり、愛情表現として認識されているところが大きな違いになります。

 

恋人がいる方またはいるかもしれない方へプレゼントをすること

  日本のバレンタインでは、チョコレートをプレゼントすることが一般的には愛情表現として認識されているため、しばしば、恋人がいる方、またはいるかもしれない方に対してプレゼントをすることには、慎重になる傾向があります。

 それは、日本人の考え方の一つに「人に迷惑をかけてはいけない」という考えが重視され、それを美徳として考える風潮があるところから来ています。

 誰でも、恋人がいるのに、他の異性にアプローチをされると迷惑な感情になるのは自然なことです。しかし、筆者としては恋人がいる方やいるかもしれない方にプレゼントをすることが必ずしも迷惑行為になるのかといえば、そうとは限らないと考えます。むしろ、その後の精神衛生面を考えると、プレゼントの時点で断られる方が、諦めもつき、迷惑行為に進む可能性は低くなるのではないかと考えられます。

 筆者の考えとして、女性目線で最もしてはいけない行動は

  • 断られたのにしつこく付きまとうこと
  • 第三者が当人に対し「迷惑をかけるのはやめなさい」と言うこと
  • 第三者が「○○くんはチョコが嫌いみたいよ」と言って、当人に諦めるように仕向けること

であると考えられます。

 では、順番にお話ししていきます。

1 断られたのにしつこく付きまとうこと

20190130120239

  これは論外です。誰でもしつこく来られると不愉快になるのは見え見えです。しつこくしても相手の方があなたに気持ちを持つようになることはないでしょう。むしろ嫌悪の対象になってしまいます。

2 第三者が当人に対し「迷惑をかけるのはやめなさい」と言うこと

20190130120202

  恋人がいるにしろ、あなた方が相手の方をいいと思う感情そのものは悪いことをしていることではありませんが、日本人の考えとして、相手に迷惑をかけないという考えがあるため、恋人がいる人にいいなという感情をもったり、バレンタインにプレゼントをすることに対し、クラスメイトなど第三者が責め立てる風潮もあります。

 しかし、第三者が責め立てても何の解決にもなりません。本当に友達であるなら、当人の気持ちは大切に、友達としてフォローすることで何かの解決法が現れるでしょう。

3 第三者が「○○くんはチョコが嫌いみたいよ」と言って、当人に諦めるように仕向けること

  男性の中には、ものすごく人気があり、複数の女性から好意を持たれているという方もいるかと思います。それ故、女性にとってはライバル意識が生じ、そこから戦略として「○○くんはチョコが嫌いみたいよ」などと言って諦めるように仕向ける言動をされる方もいます。

 しかし、それが事実にしろ嘘にしろ、言われた当人はもちろん、周りの方々にとっても気持ちのいいものではありません。「この方はずるい方だね」と思われかねない行動にもなります。

 

まとめ

  いかがでしたでしょうか?

 バレンタインにおいて、プレゼントをしようと思っている相手に恋人がいるのはもちろん、恋人がいるかもしれないという場合、相手の迷惑などを考えるとなかなか行動に移せなくなるケースは多くあります。

 しかし、本当にいい方法というのは必ずありますので、必ずしも恋人がいる方やそうかもしれない方にプレゼントをする行動が迷惑行為に該当するかというとそうではありません。

 読んでいただいてありがとうございました。

 では、また。

 

 

 

 

  

今年?それとも来年?早生まれの方の成人式

f:id:shogunlife:20190221220439p:plain

 どうも、将軍です。

 今週は成人式が行われましたが、19歳の方にとっては「もう来年だ」と楽しみにされていらっしゃる方もいるでしょう。

 しかし、早生まれ、特に成人の日以降が誕生日である方は自身がいつ対象になるのかがわからないという方も時々いらっしゃいます。

 今回は、早生まれの方の成人式事情についてお話ししていきます。

 

目次

19歳でするの?それとも翌年するの?

20181003133146

 「私は3月生まれなんだけど、成人式はいつになるんだろう?」

 早生まれ、特に成人の日以降が誕生日である方は、一度はこのことを考えたことがあったかと思います。

 筆者の友達にも3月生まれの友達がおり、当時お互い16歳のころに何気ない世間話で成人式の話題になった時、友達から、「私3月生まれだから、将軍や同級生の子ではなく、1学年下の子たちと成人式をすることになるから寂しいわ」と言っていました。

 彼女には、年の離れたお兄さんがいて、そのお兄さんも2月生まれだったため、同級生とは祝うことができず、やはり1学年年下の方との成人式だったようです。

 しかし、実際には、筆者も彼女も同じ年に成人式を祝うことができました。つまり、彼女をはじめとした、成人の日以降が誕生日である方は19歳の状態で祝ったことになります。

 

いつから変わったのか

  現代では、遅くともハッピーマンデー制度が導入され、成人の日が1月第2月曜日に変わってからは、ほぼ全部が成人の日以降が誕生日の方は19歳の状況で祝うようになり ました。これは「学年制」という方法になります。

 対し、以前は成人の日以降が誕生日である方は、翌年まで待っていました。これは「年齢制」という方法で、1月15日が成人の日であった時期にはこの方法を採用していた地域も多くあり、中でも北海道や広島の一部では長い間この方法を採用していました。

 ハッピーマンデー制度が導入されたことにより、成人の日は1月8~14日の間になりますが、例えば1月10日で20歳になるAさんにとって、成人の日が1月8日だが、その時点では19歳のため、翌年まで待つ必要があるが、翌年の成人の日が1月14日であるケースの場合、翌年の1月10日に21歳になってしまいますので、21歳で成人式を迎えてしまうという状況になります。

 このように、年齢制を続けていると、ハッピーマンデー制度の導入により、成人の日に20歳にならない状態の方が現れることになります。これは年齢制における最大のデメリットでしょう。

 

まとめ

  いかがでしたでしょうか?

 早生まれの方にとって、自身は19歳の状態で同級生と祝えるのか、翌年まで待つ必要があるのか心配になった時期もあったことでしょう。

 ほとんどの地域では、年齢制は廃止されていますが、もしかするとまだ稀にそのような地域も残っているかもしれません。

 お住まいの地域がどんな方法をとっているのか今一度確認してみましょう。

 読んでいただいてありがとうございました。

 では、また。

 

 

大人への儀式。成人式のいろいろ

f:id:shogunlife:20190221220439p:plain

 どうも、将軍です。

 地域によって異なりますが、1月第2月曜日は「成人の日」となり、全国各地で成人式が行われます。

 これから成人式を迎える方はもちろん、成人式はまだまだ先だけどといった皆さん方のお役に立てれば幸いです。

 

目次

 

成人式の由来

20190113003100

  子どものころ、街中を歩いていると、華やかな振袖を身にまとった20歳を迎えたお姉さんの姿に憧れて、「後○年後が楽しみだな」と20歳が来るのが楽しみだったといった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 成人式は、20歳を迎えた方々を対象に行われますが、その歴史は戦国時代が起源となっています。

 皆さんも、大河ドラマをはじめとする歴史のドラマを見て気づいたことはありませんか?伊達政宗などの武将や、戦国一の美女ともいわれているお市の方などの姫と呼ばれる方々を見ていますと、幼少期と大人になった時とで、髪型や名前が変わります。

 これは、男子と女子とで事情が異なりますが、男子の場合ですと、元服という儀式を経てこれまで名乗っていた幼名(伊達政宗の場合ですと「梵天丸」)から大人の名前に変わりますし、女子の場合も、元服はありませんが、鬢削ぎをし、あどけなさの残った髪型から大きく変わり、大人への仲間入りをします

 このように、成人式は、戦国時代に行なわれていた元服から来ています。

 

成人式はなぜ1月なのか

  現在は、2000年のハッピーマンデー制度導入により、1月の第2月曜日に変わりましたが、それまでは1月15日が成人の日として定められていました。

 成人の日が1月15日であった理由は諸説あげられますが、

  • 大正月(一般に知られているお正月)とは別にある小正月の日が1月15日に相当し、元服の儀式が小正月に行われていた

というのが、最も有力な説として残っています。

 

成人の日に行われない地域もある

  一般的には成人の日に、地域によっては成人の日に行われるとは限らない地域もあります。

 成人の日以外で行われる時期を挙げてみますと

  • お正月三が日の間
  • 成人の日の前日(1月第2日曜日)
  • お盆

が挙げられます。

 地域事情もありますが、このように成人の日以外の時期に開催する地域は、どちらかといえば豪雪地域もしくは過疎化地域で行われる傾向がありますが、成人の日以外に成人式を行うメリットもあります。

 では、順番にどのようなメリットがあるのかをお話ししていきます。

1 お正月三が日の間

  成人の日以外で開催される地域として、候補に挙げる地域も多くあるのではないでしょうか?

 お正月三が日の間に開催することのメリットは、基本的に冬休みで帰省しているため、人が集まりやすいこと、そしてお正月時期には同窓会を開催するところもあることから、同窓会との二部式形態の方法を採用しやすいところにあります

2 成人の日の前日(1月第2日曜日)

  2000年のハッピーマンデー制度導入以降、この日にちを成人式の日にちとして採用される地域も増えました。

 やはりメリットは、三連休の中日であることから、次の日(本来の成人の日)は、成人式で慣れない晴れ着で疲れた体を休めること、そして、次の日が休みであることから、やはり同窓会との二部式形態の方法も採用しやすいところにあります

3 お盆

  特に豪雪地域をはじめとした一部の地域に見られますが、お盆に成人式を開催する地域もあります。

 メリットは、混まないこと、そして美容室や振袖の予約なども比較的ゆっくりすることが可能なところにあります

 

まとめ

  いかがでしたでしょうか?

 成人式の本来の由来についてお話ししました通り、成人式は大人への儀式になります。

 次回は、早生まれの成人式についてお話ししていきます。

 読んでいただいてありがとうございました。

 では、また。

 

 

  

 

 

本当に貯金?もらったお年玉の行く末

f:id:shogunlife:20190221220439p:plain

 どうも、将軍です。

 お正月が終わり、お子さんたちはどのくらいお年玉がたまったかを見ている頃でしょう。また、お正月は終わったとはいえ、まだもらえていない親戚にもらえるかなと期待を寄せている頃でもあります。

 しかし、もらったお年玉の後に待っているのは、そう。お父さんお母さん方に取られてしまうということです。

 今回は、もらったお年玉の行く末について、もらったお年玉がどうなっていくのかといった不安はもちろん、そういった不安をお子さんに与えないために、お父さんお母さん方からお子さんへの説明方法のアドバイスをお話ししていきます。

 

目次

お年玉は親に取られる?

20190104223956

  お子さんにとって、10,000円を超えるお金を持つ機会があるのは、お年玉をもらえた時くらいしかないことでしょう。

 お子さんにとって、10,000円を超えるお金は大金であり夢のようなもの。「今年は○円もらえた」と喜ぶのもつかの間、せっかくもらえたお年玉はお父さんお母さん方から貯金をするためにと取られてしまい、残念な気持ちになってしまった経験もあったのではないでしょうか?

 

基本的には貯金のため

20190104224249

  せっかくの大金をお父さんお母さん方に取られてしまったとき、皆様方はどう思うでしょう?きっと多くの方々は、「貯金と言っているけど、生活費に回しているのでは?」と疑ってしまうことでしょう。

 無理もありません。年齢が小さいほど、実際には貯金に回されていても、手元にあるお金が少なくなった故に「お金が無くなった」と感じてしまい、また、お父さんお母さん方も、まだ(お子さんが)小さいのでわからないだろうといった意味で、お子さん名義の通帳を既に作成していたとしても、お子さんには見せないケースのが多いため、お子さんとしてはもらったお年玉が本当にどうなっているのか不安になります。

 

お子さんにお子さん名義の通帳の存在を告げるタイミングと方法

  お子さんのために、もらったお年玉を貯金に回すということはとてもいい心がけですが、お子さんがまだ小さいからという理由で通帳の存在を告げずにいると、お子さんはますます不安になり、「次の年もまた取られてしまうのかな」と思うようになります。

 筆者としては、「貯金をするから」の一言でお子さんからお年玉を預かってお子さんに余計な不安を与えてしまうのであれば、お子さんにはお子さん名義の通帳の存在を告げ、お子さんに安心を与える方が、お子さんにとっても「取られた」という印象を与えずに済むと考えます。

 年齢により、告げるタイミング、告げる方法等は悩まれるかとは思いますが、年齢別のアドバイスをお話ししていきます。

 1 乳幼児の場合

  まだ年齢が小さいため、お年玉そのものをお子さん本人に渡さず、お父さんお母さん方が受け取るケースが大半です。この時点でお子さんの名義の通帳を作成しておくと、後々お子さんの年齢が大きくなり、お子さんからお年玉を預かることで取られたと感じた際に説明をしやすくなります。

2 幼児の場合

  年齢は小さいものの、そろそろお年玉そのものをお子さん本人が受け取るようになります。お子さんからお年玉を預かるときには、「このお金を沢山にする魔法をかけるので、ママにちょうだいね」と、貯金を魔法と兼ね合わせて説明することもよいでしょう。

3 小学校低学年の場合

  お子さんが初めてもらったお年玉で何かを買いたくなる年齢になり、お年玉を全部使い果たしてしまう危険性のある年齢になります。お子さんとは、「もらった金額のうち、○円までは自由に使ってもいいけど、それ以外は預かります」と最初に約束してください。約束をさせることで、お子さん自身の金銭感覚を身に着けることもでき、「取られた」という印象を与えさせなくなります。

 もちろん、幼児期同様、「このお金を沢山にする魔法をかけるのでママに預けてね」といった説明をするのもかまいません。

4 小学校高学年以上の場合

  小学校高学年以上の場合も、基本的には、自由に使ってもいい金額の設定はしておいたほうがいいですが、年齢が上がるごとに、自由に使ってもいい金額は上げていっても差し支えないと考えます。

 それ以外の残りは貯金という方法も同じですが、もし、お子さんが「取られた」と感じたのであれば、お子さん名義の通帳を見せてあげてください。

 

残念なことに生活費に回してしまう家庭もある

  お子さんの幸せを望むのであれば、お子さんのもらったお年玉を預かった後、貯金に回すことはあっても、生活費に回してしまうことはしませんが、世の中には色々な家庭事情がありますので、稀に生活費に回してしまう家庭もあります。

 生活費に回してしまうという家庭もありますが、筆者の知人の親戚は、幼少期にせっかく彼女のご両親が貯金をしてくださったお年玉を、当時生活が苦しかった彼女の叔母にあげざるを得なくなってしまった経験がありました。

 彼女にとってはトラウマにもなる出来事ではありますが、経済事情によってはこのようなことも0とは言い切れません。

 しかし、考えようによれば、親戚が健在であるからこそ彼女は今までお年玉をもらうことができた。

 経済的に苦しくなると、お年玉をもらいたくてももらえなくなる。

 生活費に回してしまうほどになるほどには至りたくないですが、感謝の気持ちは常に忘れないようにしたいものですね。

 

まとめ

  いかがでしたでしょうか?

 お年玉をお子さんから預かることにより、お子さんは「取られた」と感じてしまいますが、お子さんにお子さん名義の通帳の存在を告げることにより、お互いの安心と信頼を保つことが可能となります。

 お子さんが小さいという理由で、お子さん名義の通帳の存在を告げずにい続けて、不安を与えてしまうことのないようにしたいものですね。

 読んでいただいてありがとうございました。

 では、また。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

喪中の時のお年玉

f:id:shogunlife:20190221220439p:plain

 将軍です。あけましておめでとうございます。

 前回は喪中の時のお正月の過ごし方についてお話しさせていただきました。

 

www.shogunlife.com

 

  今回は、お正月の中でも、特にお子さんにとっては一番のメインイベントともいえる 「お年玉」について、喪中の時の方法についてお話しさせていただきます。

 お正月三が日は終わりますが、喪中であったが故に迷われていらした方、あきらめていらした方への参考になれれば幸いです。

 

目次

お年玉の意味

 

お年玉の語源は、正月歳神を迎えるために供えられた鏡餅がお下がりとして子供に与えられ、その餅が「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれたことからとする説がある。また、これを年のありがたい賜物(たまもの)であるとして「年賜(としだま)」と呼ばれたことからとする説もある。

 

                      Wikipediaより一部抜粋 

  このように、お年玉の原型は、神様からのお下がりであったものが、近年ではお金として変わってきたことがわかります。

 

喪中の時のお年玉

 一般的には、喪中の時には死を穢れとするため、祝い事や神道に関することは控えます。上記のように、お年玉も「神様からのお下がり」というのが一説として挙げられているため、喪中の時にはやはり控えるのが一般的とされています。

 

お子さんへの対応

  一般的な考えでいけば、喪中の時にはお子さんにお年玉はあげないのがマナーとなりますが、お子さんにとって、一年で一番の楽しみである行事でもある「お年玉をもらえること」が、親族の不幸によって取り上げられるというのはどうでしょう?

 これも家庭によって様々な考えがあるために

  • 早いうちから喪中や不幸の時には祝い事はしないということを教える方がいい

という考え

  • まだ子どもなんだからそこまで目くじらを立てて神経質にならなくてもいいかと

という考えなど、様々な考えがあり、筆者はどの考え方も間違っているとは思いませんが、ただ一つ言えるとしましたら、お子さんにとってそこまで近いとは言えない親族の方はもちろん、近い親族でも、高齢で大往生をされた方の不幸であれば、祝い事をすべて控えるが故、お子さんの楽しみであるお年玉まで無しにしてしまい、お子さんががっかりしてしまうことを故人の方は望んではいないと言えるでしょう。

 しかし、喪中なのに「お年玉」という表書きで渡すことにより、「喪中なのに」と眉をひそめる方もいるのは現実ですし、他にも、例えば、母方の祖母が亡くなったが故に自身は喪中になるが、自身の配偶者の弟が自身の姪にとお年玉をされた際に、「うちは喪中だからいいです」とお子さんより先に断ってしまうなど、「喪中のお年玉」を気にされるということでしたら「お年玉」ではなく「お小遣い」「文具代」という表書きで渡すのがよいでしょう。

 最近では、キャラクターのイラストの描かれたポチ袋も売っています。

 ここで気を付けていただきたいのは、「お年玉」という言葉が書かれているのを選ばない方がいいというのはもちろんのことですが、書かれていなくても、祝い事を連想するようなイラスト(梅などのイラストのほか、大入と書かれたポチ袋など、赤系のもの)は控えたほうがよろしいでしょう。

 意外と多くの種類のものがあり、また、干支を問わずに使うことができるため、キャラクターもののポチ袋も意外と重宝します。

 

まとめ

  いかがでしたでしょうか?

 お子さんにとって、お正月の一番の楽しみでもある「お年玉」。お子さんにとって大好きだったおじいちゃんおばあちゃんが亡くなったところに「喪中だからお年玉はもらえない」というのは、追い打ちをかけられたような気分になります。

 しかし、お年玉の表現を変えること、ポチ袋を変えることにより、お子さんにとっては、お正月の一番の楽しみを奪われることもなくなります。

 次回は、もらったお年玉の行く末についてお話ししていきます。

 読んでいただいてありがとうございました。

 では、また。

 

  

 

喪中の時のお正月の過ごし方指南

f:id:shogunlife:20190221220439p:plain

 どうも、将軍です。

 クリスマスが終わると、街中は一気にお正月モードに切り替わりましたね。

 特に、今年は平成最後のお正月と言われているため特別なお正月が迎えられそうなそんな予感がしてきます。

 とはいえ、喪中である方々はもちろん、今年は大阪の大地震に西日本豪雨、相次ぐ台風に北海道の大地震と沢山の災害に見舞われてしまった年であり、被災者の方々の中には、お正月を祝う気分になれない方もいらっしゃるでしょう。

 今回は、喪中の時のお正月の過ごし方についてお話ししていきます。

 前回、喪中の時の年賀状についてお話ししましたが、こちらと合わせてお役に立てれば幸いです。

 

www.shogunlife.com

 

 

 

目次

 

基本的に喪中にはお正月は祝わない

20181127234818

 地域や育った環境もあり、また、喪中の考え方も人それぞれ異なるために一概に言えませんが、基本的に喪中にはお正月は祝いません。

 これは、明治時代に制定された法律である「服忌令(ぶっきりょう)」が原点となっています。

 服忌令とは、江戸幕府が定めた法律がベースとなり、時代とともに中身もだいぶ変わり、昭和22年の法改正でこの法律も廃止されましたが、それでもこの名残はマナーとして残り、忌中は自宅謹慎の期間(いわゆる四十九日に該当)、喪中はお祝い事を控える期間(概ね一年間に相当)と捉える方が多くいらっしゃいます。

 しかし、時代の流れが変わり、今では喪中の方が、相手の方に「喪中ではあるが、皆さんの年賀状をお待ちしています」といったニュアンスの文面の新しいスタイルの喪中はがきも今では出ています。

 筆者も、10数年前までは喪中の方へ年賀状をするということは、大変なタブーであると考え、喪中はがきについても「こっちは喪中なんだから年賀状は辞めてね」と言った内容の意思表示文であると思っていたため、年賀状を出すにあたり、友達が喪中であるかどうかというのは大変気にしていました。無理もありません。喪中の方々にとっては、「あけましておめでとう」の文面は「葬式おめでとう」と言われているように捉われかねない、そう考えていたというのもありますが、筆者の付き合っていたかつての友達は、一般的な考え方では喪中とはしないであろう。結婚はおろか、婚約さえしていない、単なる恋人といった関係でしかない、当時付き合っていた恋人の親が亡くなったという理由で、「母親を亡くしたので年賀状は辞めてくれ」と強く希望されていました。

 それ故に、彼女は新年が明けた際にも、「あけましておめでとう」ではなく、「おはよう」といった、普段通りの挨拶をされていました。

 かつての友達のように、親戚関係でもない方の死で自身が喪中気分になり、相手にもその意思表示をするという考え方の方は稀でしょう。

 喪中の際には、「あけましておめでとう」などの言葉にも気を付ける必要がありますが、決してしてはいけないことは、相手の方がその言動をされたからと言って、目くじらを立てて相手を非難しないことです。

 

通常通り過ごすのも悪いことではない

20181226110649

 いくら法改正されたとはいえ、マナーとして認識されている以上、皆さんと同じようなペースで過ごすことに気が引けると考える方もいらっしゃることでしょう。

 しかし、70年以上前には確かに「法律」で定められたことではあっても、現代はもう法律で定められたことではありません。それに、社会に出る人間が増えた以上、この通りに過ごすことは大変無理があります。ましてやお子さんであれば、尚のこと難しいでしょう。

 現代では、「マナー」の一環であり、その考え方は人それぞれになります。もちろん節度や常識の範囲内というものはありますが、特に故人の年齢が高かった場合や、お子さんに対してであれば、通常通りに過ごすことは必ずしも悪いことではないでしょう。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 喪中の時にはお正月は祝わないとされていますが、現代では法律で定められていない以上、どちらかと言えば個々の意思に近い部分があります。

 喪中の時に普通通り過ごすことで、眉をひそめる方も中にはいらっしゃりますが、最もみっともないのは、喪中だからと目くじらを立てて非難をすることでしょう。

 次回は、喪中の時のお年玉についてお話ししていきます。

 読んでいただいてありがとうございました。

 では、また。

 

 

 

 

 

サンタクロースの存在を聞かれたときの年齢別対処法

f:id:shogunlife:20190221220439p:plain

 どうも、将軍です。

 間もなくクリスマスとなりますが、クリスマスになれば必ずお子さんからサンタクロースの存在を聞かれることはもちろんのこと、小学校以上のお子さんの場合、サンタクロースの存在を信じることにより、お友達にからかわれ、そこからいじめに発展してしまうこともあります。

 お父さんお母さん方にとっては、できる限りお子さんの夢を壊すようなことはしたくないものの、お子さんがサンタクロースの存在を信じることでお友達にからかわれ、いじめられてしまうということは避けたいことになります。

 今回は、年齢別に向けた対処法をお話ししていきます。

 前回お話ししました記事と合わせて、役に立てれば幸いです。

 

www.shogunlife.com

 

 

目次

 

夢を持つことは大切

20181209224236

 「12月25日の朝、枕元を見るとプレゼントが置いてあり、開けてみると自分が欲しいと思っていたプレゼントだった。」

 そのことがうれしくてお父さんお母さん方についつい話すと、決まって「サンタさんが持ってきてくれたんだね、よかったね」と言った返答が返ってくることでしょう。

 お子さんにとって、クリスマスは夢のような行事であり、自分の欲しいと思うプレゼントを持ってくるサンタクロースのことも魔法使いのような人だと感じ、一目でいいからサンタクロースの姿を見てみたいと思うものです。

 人の夢をかなえてくれるそんな魔法使いのような人がいれば、筆者も一度でいいから見てみたいものですね。

 

年齢別対処法

 しかし、サンタクロースを一目見ようとすると、お父さんお母さん方から必ず「サンタさんは寝ないと来ないのよ」と諭されることから、次第にサンタクロースの存在が本当なのか怪しくなってくるのもまた事実です。

 また、早ければ幼稚園、遅くても小学校高学年程度になると、お子さんにとって、サンタクロースなんて存在しないということを受け入れたくないという気持ちと、サンタクロースは本当にいるのかといった気持ちの狭間で戦う年齢になり、お父さんお母さん方にとっても、対処法について悩まれる時期が必ず来ます。

 では、お子さんの年齢に向けた対処法をお話ししていきましょう。

1 未就学年齢の場合

20181221153234

 未就学年齢の場合、基本的にサンタクロースを一目見ようと夜中までずっと起きておくことが難しい年齢です。それ故、サンタクロースの存在について聞かれたとしても、「お父さんお母さん方の友達」などという設定で済ませておいて問題ないでしょう。

 また、この年齢の場合は、夢や魔法、ファンタジーに満ち溢れた世界にあこがれを持っているため、夢を壊して真実を告げるのには早すぎます。

 対処法において気を付けておくことは、未就学年齢のお子さんが一人っ子や兄弟姉妹のうちの上に当たる、または兄弟姉妹の年齢がさほど離れていない場合は問題ありませんが、兄弟姉妹のうちの下に当たる場合において、お子さんの兄姉が小学生以上かつ、年齢が離れている場合、兄姉が下のお子さんに夢を壊すような言動をしないように注意しておくことです。

2 小学校低学年の場合

20181221153313

 小学校低学年の場合、好奇心がどんどんあふれてくるために、サンタクロースを一目見ようと起きておこうとするようになります。それ故、サンタクロースの存在について聞かれたとしたら、しつけの意味も踏まえ「寝ない子には来ない」と言った対処で問題ないでしょう。

 また、この年齢の場合は、真実を告げるタイミングに悩むこともあるかとは思いますが、3年生くらいまでであれば、筆者としてはまだ存在を信じるのも可愛げがあっていいのではないかなと感じます。

 対処法において気を付けておくことは、この年齢のお子さんの場合ですと、お子さんの弟妹がまだ未就学年齢に相当する年齢である可能性が高いため、お子さんが、弟妹に夢を壊すような言動をしないように注意しておくことと、そろそろサンタクロースの存在について疑心を持つような年齢に差し掛かるため、プレゼントの包装紙に店の名前等が書かれていると当然怪しむようになりますので、包装紙にも注意をしておくこと、そして、お子さんがもしサンタクロースを信じていることでお友達からからかわれたとしたら、そこで初めて真実を告げていただくようにしてください。

3 小学校高学年以上の場合

20181221153333

 小学校高学年になると、夢と現実の区別はもうわかってくるため、サンタクロースは存在しないこと、正体は誰なのか分かるようになります。それでも、やはりこれまで毎年夢を与えてくれていた存在をと思うと、サンタクロースが存在しないことを受け入れたくないと思うお子さんもいるし、信じることによって、お友達にからかわれることを心配するようにもなりますし、下の兄弟姉妹に対し、「そんなもの居ないわよ」と夢を壊す言動をしてしまいがちになります。

 お父さんお母さん方にとっては、お子さんはいつまでも可愛いお子さんなので、サンタクロースの存在を信じることは可愛いと思う反面、「5年生にもなってサンタクロースを信じるなんてちょっと大丈夫かな?」と心配されるようにもなることでしょう。

 対処法としましては、お子さんからサンタクロースの存在を聞かれたとき、高学年ともなれば、もう正直に答えてあげて差し支えないかと思います。その際には、お子さんが一人っ子や末っ子であれば問題ありませんが、下に弟妹がいるのであれば、そのお子さんたちのいない場所で話してあげてください。

 また、サンタクロースの存在を信じ続けているお子さんの気持ちは大切にしてあげてください。間違ってもそういったお子さんをバカにすることはしないように、遅くとも6年生のクリスマスの時には目の前でクリスマスプレゼントを渡し、初めてそこで真実を話す方法で対処してください。

 

まとめ

 いかがでしたでしょうか。

 お父さんお母さん方にとって、お子さんからの「サンタクロースはいるの?」といった質問は、毎年クリスマスの時期になると対応に悩まれたかと思います。

 しかし、お子さんの年齢やお子さんが兄弟姉妹のうちの何番目(第一子、末っ子など)に相当するかにもより、対処法は色々あります。そのお子さんそれぞれに応じた対処法でお子さんを納得できる方法を見つけてみてくださいね。

 読んでいただいてありがとうございました。

 では、また。